更年期に生じる症状について原因と対策を知って楽に乗り切りましょう。

更年期障害の症状を知ること

tukare2
40代以降の女性にとって、更年期というのは関心が高い話題でしょう。更年期とは、生理がある女性が、閉経を迎えるその前後5年間を言います。

つまり、個人差はありますがおよそ45歳から55歳が更年期の期間という事になります。その更年期に表れる様々な不定愁訴といわれる症状が、更年期障害です。

更年期の症状は自覚症状が中心となりますので、病名がつくわけでもなく周りからの理解を得にくくただひたすらに辛い状態を抱えている人が多いことも事実です。

更年期の症状を知っておくと自分がいざその時期になった時に更年期だと自覚し予防することにもつながりますので、知識を得ておく必要があります。

まず、更年期の症状は女性ホルモンの減少から起こります。

そして、ほてり、のぼせ、冷え、肩こり、息切れ、頭痛、めまい、耳鳴り、という身体の症状に加え、不安感、イライラ、憂鬱感の増幅、不眠といった精神的な症状が出る方もいます。

こうした症状を意識しておくと、いざ自分がそうなった時にこれは更年期だと自覚してサプリメントやホルモン治療を行うこともできます。

症状をかなり和らげることができますので自分の時だけでなく親など周りの人でそうした症状のある人には、更年期を疑いサポートをしてあげられます。

40代からの女性は、更年期障害の症状が出始めているかをセルフチェックして、食事や運動に注意すれば大丈夫な程度か、更年期外来を受診する必要があるのか、計画的な長期治療が必要となるかなど対処法を考えていくと良いでしょう。

最新投稿